傷んだ髪には艶が見られない

パーマやカラーを重ねているうちに
どんどん髪質が変化していく…
これはよくあるケースです。
今の髪型を楽しみたいがために、
髪への負担なんてへっちゃら!
なんていう若い人も多いですし、
白髪を隠すためなら・・・・
なんていうように頻繁にカラーをしたりしている、
年配のかたも増えているんだそうです>< 

以前は天使の輪と呼ばれる、
キューティクルによるツヤの輪っかというものが
頭に見られていたが、
だんだん見られなくなってくる…
なんていうことも多いです。
それだけ髪の毛がダメージを受け、
キューティクルが整わなくて
光を跳ね返せなくなっている、ということですね。 

ダメージによってキューティクルの滑らかさが
失われてしまう。
それが天使の輪っかが見られなくなった原因です。
天使の輪は、キューティクルの表面が
整った状態であればあるほど
強い光を放つそうです。
癖っ毛などの場合でも、
天使の輪がぼやけてみえてしまうほど
貴重な状態なんだそうですよ。 

表面のキューティクルが整った状態、
というものでなくなってくると
艶がなくなり色が褪せたように
見えてしまうことが多いんです。
光と髪の毛の色との境目が
はっきりしていればキューティクルの表面は整っている、
ということがわかるそうですよ。 

天使の輪にも程度があり、
艶感が高いほど強い輝きを放つ、
というようにも言われています。
街中で、天使の輪ができている人を
見つけてみてください。
たぶん程度がわかるはずですよ。
自分には天使の輪ができているか、
また、それがぼやけていないかどうか、
などということをチェックするのも良いですね。


Leave a Reply









XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>




  • « Older Entries
  • Newer Entries »